雑念について

ありがたいことに

最近瞑想を始められる

初めてご来店されるお客様が多いです。



瞑想を始められたきっかけや

瞑想にご興味を持たれた経緯など

皆さま理由は様々ではありますが



ご自身で自分自身に向き合う時間を

持たれていることは

すばらしい習慣の一歩と

お話をしながら感じています。



今の世の中と時代の流れから

少しでもこころの整理をされる方

本当に多いです。



そんな初めましてのお客様

多くの方が初回におっしゃることは

“雑念ばかりでした“




よく我々の思考を「雑念」と呼びますが、

それも思考を「邪魔だ」と思うから

“雑念“

と名付けているだけで、

本当は「思考」があるだけです。



思考には良きも悪きもなく、

思考はただそこにあり、

私たちの内側で何が起こっているのか

気づくきっかけになってくれます。



“雑念“

決して悪いことではありません。



空を流れる雲のように

自分の中で起こっている思考=雑念

を眺めることも

マインドフルネスと捉えています。



目の前のこと、過去のこと、目に見える全てのこと

身に起こったこと、

私たちは様々な情報を捕まえて

日々の生活を送っています。



それを“雑念“と捉えるか

ぼんやりと眺めるか

ただそれだけの違いのように思います。



雑念がない人なんていないですし

雑念があっていい。

そんな今の自分を受け入れてみてください。



 とめどなく生まれては消えていく思考も

「雑」と名付けずに

大切にできたらにいいなと思います☺️