呼吸できていますか?

人は1日に約28,800回呼吸をしていると言われています。

そのうち1日にご自身の呼吸への気付きはありますでしょうか。

私たちは見えないものに対して、意識を向けるのを忘れがちになります。



呼吸を整えることが瞑想の第1ステップ。

より深い瞑想を体感する秘訣です。(「調息」と言われています)



私自身も瞑想を始めた頃は、ゆっくり呼吸することに慣れず、

呼吸をすることがとても苦手でした。

正確には、「呼吸に意識を向けることが苦手」でした。

きっとこのような方、多いのではないでしょうか??



パソコン、スマホの使用に、書き仕事、

自然と前かがみになることが多く、背中が丸い状態でいることが多い現代人。

この姿勢では横隔膜をうまく使えず呼吸が浅くなり、深呼吸なんてもってのほか。

また集中することで、無意識に呼吸は止まっています。

私も瞑想すると、呼吸がうまくできない自分に驚いた記憶があります。



人間の体は、緊張すると自律神経の一つである交感神経が、

リラックスすると同じく自律神経の副交感神経が優位になります。

息を吸うときには交感神経が、吐くときには副交感神経が働きます。

息を吸えば体は緊張し、吐けばリラックスするという仕組みです。



そこでまずは姿勢を整えることから。

背筋を伸ばせば、深い呼吸がしやすくなります。

次に、胸を、クッと張ります。胸が開き、横隔膜が使えるようになります。

そして、肩。肩をすくめるようにして力を入れた後、一回力を抜いてみてください。

そうすると肩が落ちて、緊張がほぐれやすくなります。



続いて呼吸。

まずは息を、長く吐くことを意識してください。

●5秒かけて息を吸う

まずは胸が開くような姿勢をとり、5秒かけてゆっくりと息を吸う。このとき、交感神経が優位になり、アドレナリンが分泌されることで、体が自然と緊張した状態になる。

●10秒かけてゆっくりと吐き出す

吸いこんだ息を、その2倍の時間をかけて吐き出す。



息を長めに吐くことで、血中の二酸化炭素の濃度が高まります。

これにより、感情の昂ぶりを抑え、精神の安定をもたらす神経伝達物質・セロトニンの分泌が増える効果があります。

私の場合、大体5秒吸って、10秒かそれ以上かけてゆっくり吐いています。

もし辛く感じるようであれば、短くても大丈夫です。

吐く息の長さが吸う息の2倍ぐらいになるようにしてみてください。

3秒かけて吸ったら、6秒かけて吐くというような。やりやすい方ででいいのです。



呼吸は、鼻と口、どちらでも構いません。

そこに意識を向けるよりも、息を吸って胸や腹が膨らむ感覚と吐いていくときに縮んでいく感覚に集中するのがいいです。



呼吸は人間の感情にさまざまな影響を与えます。

イライラしているとき、ゆっくりした呼吸をすれば気持ちが落ち着く。

瞑想時だけではなく、日常生活でも姿勢や呼吸を意識しましょう。


とにかく、ゆっくり、深く呼吸することを心がけてみてください。

少しでも呼吸に「気付き」を。きっと身体は喜んでくれますよ✨


Feeling Meチャンネル

▶︎▷ https://linktr.ee/feelingme

instagram

▶︎▷ https://instagram.com/thezen_feeling.me?igshid=11d7l8mo3j12n 

瞑想しやすい身体づくり

Pregnant woman practicing yoga, sitting in lotus position on a beach at sunset

こんばんは🌙  THE禅 Feeling Meスタジオでございます。

ご自宅での瞑想が苦手、集中できない、というお声を耳にします。

ふと、私はどのように瞑想しているかな、と振り返ってみました。

少しでも皆さまのご参考になればと思います。


私が瞑想をする時は、朝が多いです。

朝の風景には、陽の光であったり、風の音、鳥の声、

五感で感じることが多いため好きなのかもしれません。

朝食前に、白湯を飲みながら、ヨガマットを引き、

軽くヨガやストレッチをしてから瞑想に入ります。

瞑想の前にヨガを行うことで瞑想しやすい身体になります。


ヨガマット、大事です。(私の場合)

瞑想だけでしたら、大きめのラグやクッションでもいいかもしれませんが、

身体を動かす時はヨガマットがあることで安定感がでます。

そして、1枚あるだけで、気持ち(世界)が変わります。


ストレッチやヨガは長くやるよりも、

その日の体調や気分に合わせています。

10分だけの時もあります。

結果、その方が長く続けられ、ほどよく瞑想に入れます。



瞑想の前に身体を動かすことのメリット

  • 座りにくい身体を整えることで瞑想しやすく座りやすくする
  • 雑念を払って瞑想しやすくする
  • 身体のエネルギーを動かす
  • 呼吸を深くすることでリラックスする
  • 呼吸を深くすることで自律神経を整える
  • ヨガなどで身体を動かして、身体のスイッチを一度ONにする


瞑想の前に身体を動かすことを大切にされてみてください。

瞑想の為だけでなく、日常的にも身体を動かす習慣はメリットが多いです。


「からだとこころはつながっている」

聞き飽きる程に聞く機会がありますね。

やはりそれだけ大事なことなのです。

こころに向かう前に、からだに少し目を向けてみましょう。


身体が病気になると、心も曇ります。

身体の調子が良いと、心も晴れやかになります。

体の調子を調えることで、心を深めやすくしているのです。

これを仏教では「調身(ちょうしん)」と言います。


ヨガも瞑想も目的は心身を健康に保つこと。

FeelingMeチャンネルでは、ヨガと瞑想をご紹介しています。

ぜひご覧になってみてくださいね。



Feeling Meチャンネル▼▼▼https://linktr.ee/feelingme instagram▼▼▼https://instagram.com/thezen_feeling.me?igshid=11d7l8mo3j12n