身体に意識を向けてみる

なんとなくのルーティンや

自分で自分にルールを作って

「やらなければいけないこと」

決めている人は

私を含め、きっといると思います。



やりたくないけれど

これをやればためになる、

例えば

ジムが身体にいいから、

本当は疲れてゆっくりしたいけれど

なんとなくやっている

すっきりしたといえばしたけれど

まあ、いいか

などなど。。



規律的に動くことも大事ですが

1番大切なのは

「どんな時も身体に意識を向ける」

ことではないかと思います。



胸に手を当ててみると

身体から答えが出ます。



迷った時

決断に時間がかかる時などは

胸に手を当て

身体に問いかけるようにしています。




身体に問いかけていくと

必要じゃないものがわかってきます。

それを手放していく。

そうすると、

新しい必要なものが

入ってきます☺️



難しく考えず

身体(胸)に聞くことが

1番シンプル




身体に触れながら

自分の今を知る



これも瞑想の一つだと私は思っています。

自分だけのパワースポット

瞑想サロンに向かうまでに

ちょうど明治神宮の北参道口があります。



今の時期は緑に溢れ

自然とその景色が視界に入り、

付近を通るだけで

心が落ち着きます。



サロンへの道のりは

1つだけではありませんので

この北参道口の方を通らなくても

たどり着くのですが、



いつもこの北参道口の緑が見たく

あえてこの道を選んでいます。



“何か落ち着く“



きっとわたしにとっての

パワースポットなんだなあと感じています☺️



見るだけでほっとする

緑と共に季節を感じ、

心が癒される



何かに疲れてしまったとき

こころを鎮めたいとき

ふと我に返りたいとき



この場所に来ると

こころが落ち着く

こころが帰ってこれる場所



きっと皆さんにもあると思います。



それはもしかしたら

自然とも限らず

街の中に感じる人もいるのかもしれません。

家の近所にある場合もあります。



ほんの少しゆったりした時間を持つことで

ビックリするほど

心に余裕が生まれます。



瞑想の時間をとることが難しい時は

ご自身が感じる

ご自身だけの、気持ち良い場所へ行く(見ること)へ。

こころの栄養ですね✨