ストレスとの接し方

瞑想をするようになり
変わってきたことといえば
ストレスへの対応があります。

正しくは、
ストレスとうまく付き合える様に
なったということ😌

他人が気になる

人間関係の難しさ

将来への漠然な不安

過去への後悔

自分が好きになれない

失敗が怖い

……………

このようなストレスには
怒り、悲しみ、空虚感など
感情がついてきます。

瞑想をする前の私は
起こる感情に対して
どう対応していいか分からずに

怒りが収まるまで
ひたすらと怒っていたり
悲しみに明け暮れてみたり。。。


いつまで経ってもストレスMAX
考えただけでも辛いです💦



完全に感情のコントロールがついておらず
心と体が離れた状態

瞑想をするようになってからは
怒ったり悲しんでいる自分を
一歩引いて
眺める力がつくように。

もう一人の自分がいて
その様子を頭上から見るように
客観的に自分を見る感じ。


なんでこんなに怒っているんだろう
そうか、ああ言われたのが嫌だったんだ!

なんで嫌なんだ?
ああ、これは私にとって言われくなかったんだよね…

そうだよね、それは嫌だったよね
だってそれは私にとって大事なことだったから…

……………



このように
感情と対話し、受け入れ、流し、
内的要因に気付くことは
自分に必要なことを感じ、理解できることに
つながります。

そうすることで
自分で自分を癒すことも
できるようになります。



瞑想をしてもストレスが無くなる、
残念ながら
そんなことはありません。

ストレスの感じ方、受け止め方が穏やかになり
対応に余裕が出てくる、
ということです。
穏やかな心が育つ、ということですね🌱

またストレスを通じ
自分にとって必要なことが
自ずとわかるようにもなります。

瞑想にはそんな力があります✨