同じ日は2度とないということ〜時間の感覚について〜

長い自粛生活、窮屈ながらも慣れてきた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

もちろん、早くウイルスの収束は願うものの、

人間の持つ環境への対応能力を実感する日々です。



生活のしやすさを見つけ、丁寧な暮らしになった方、

仕事の効率を見つけ、時間と上手に付き合えるようになった方も多いのではないでしょうか。



「今」を受け入れ、「今」の時間を生きていく。



私たちの生活は常に変化をしています。

朝ひとつにしても、決して同じ朝を迎えることはありません。

ところが私たちは毎朝思いがちです。



ああ、今日””仕事だ。起きて顔を洗って歯を磨いて…

いつもの”ルーティーンは大事ですが、

無思考の領域は”新しい朝”の、”新鮮な空気”を吸うことすら忘れてしまう。



「時間」というものはマインドに属しています。

過去や未来というのはあくまでマインドの中にのみ存在します。

この考えを理解しておくと大変役に立ちます。



たとえば、楽しんでいるとき、

あっという間に時間が過ぎてしまいます。

苦しい時は、その苦悩の時間は永遠に終わりがないかのようです。



あっという間に過ぎ去る、あるいは終わりがないように感じるその「時間」はどちらも幻想でしかないのです。

時間は伸びたり縮んだりしないですからね。



懸命に「今ここ」にいようとしなくても、

事実「今ここ」にしか存在していないのです。



瞑想により、この事柄が良く理解できてきます。

一つひとつの出来事を客観的に見守り、

自分の中心にいて物事に対処することを選択できるようになります。



不安や怒りや嫉妬といった感情、マインドが作り出すあれやこれやの否定的考え、

ただ見つめることができているとき、人はブレなくなります。

外の世界に巻き込まれることがなからです。



すべての出来事は、贈り物であり、学びのための時間。

学ぶべきことを学び取った人は、成熟した人間となります。

本日も読んでくださり、

ありがとうございます😊



Feeling Meチャンネル

▶︎▷ https://linktr.ee/feelingme

instagram

▶︎▷ https://instagram.com/thezen_feeling.me?igshid=11d7l8mo3j12n 

呼吸できていますか?

人は1日に約28,800回呼吸をしていると言われています。

そのうち1日にご自身の呼吸への気付きはありますでしょうか。

私たちは見えないものに対して、意識を向けるのを忘れがちになります。



呼吸を整えることが瞑想の第1ステップ。

より深い瞑想を体感する秘訣です。(「調息」と言われています)



私自身も瞑想を始めた頃は、ゆっくり呼吸することに慣れず、

呼吸をすることがとても苦手でした。

正確には、「呼吸に意識を向けることが苦手」でした。

きっとこのような方、多いのではないでしょうか??



パソコン、スマホの使用に、書き仕事、

自然と前かがみになることが多く、背中が丸い状態でいることが多い現代人。

この姿勢では横隔膜をうまく使えず呼吸が浅くなり、深呼吸なんてもってのほか。

また集中することで、無意識に呼吸は止まっています。

私も瞑想すると、呼吸がうまくできない自分に驚いた記憶があります。



人間の体は、緊張すると自律神経の一つである交感神経が、

リラックスすると同じく自律神経の副交感神経が優位になります。

息を吸うときには交感神経が、吐くときには副交感神経が働きます。

息を吸えば体は緊張し、吐けばリラックスするという仕組みです。



そこでまずは姿勢を整えることから。

背筋を伸ばせば、深い呼吸がしやすくなります。

次に、胸を、クッと張ります。胸が開き、横隔膜が使えるようになります。

そして、肩。肩をすくめるようにして力を入れた後、一回力を抜いてみてください。

そうすると肩が落ちて、緊張がほぐれやすくなります。



続いて呼吸。

まずは息を、長く吐くことを意識してください。

●5秒かけて息を吸う

まずは胸が開くような姿勢をとり、5秒かけてゆっくりと息を吸う。このとき、交感神経が優位になり、アドレナリンが分泌されることで、体が自然と緊張した状態になる。

●10秒かけてゆっくりと吐き出す

吸いこんだ息を、その2倍の時間をかけて吐き出す。



息を長めに吐くことで、血中の二酸化炭素の濃度が高まります。

これにより、感情の昂ぶりを抑え、精神の安定をもたらす神経伝達物質・セロトニンの分泌が増える効果があります。

私の場合、大体5秒吸って、10秒かそれ以上かけてゆっくり吐いています。

もし辛く感じるようであれば、短くても大丈夫です。

吐く息の長さが吸う息の2倍ぐらいになるようにしてみてください。

3秒かけて吸ったら、6秒かけて吐くというような。やりやすい方ででいいのです。



呼吸は、鼻と口、どちらでも構いません。

そこに意識を向けるよりも、息を吸って胸や腹が膨らむ感覚と吐いていくときに縮んでいく感覚に集中するのがいいです。



呼吸は人間の感情にさまざまな影響を与えます。

イライラしているとき、ゆっくりした呼吸をすれば気持ちが落ち着く。

瞑想時だけではなく、日常生活でも姿勢や呼吸を意識しましょう。


とにかく、ゆっくり、深く呼吸することを心がけてみてください。

少しでも呼吸に「気付き」を。きっと身体は喜んでくれますよ✨


Feeling Meチャンネル

▶︎▷ https://linktr.ee/feelingme

instagram

▶︎▷ https://instagram.com/thezen_feeling.me?igshid=11d7l8mo3j12n 

こころの在り方が未来を創る

コロナウイルス感染者の数が日に日に増え、

自粛生活による制限も重なり、

世の中の不安のレベルが上がってきていることを感じています。

そんな中でも、オンライン飲み会が生まれたり、

ZOOMで仕事や習い事ができるようになりました。

制限されていることもあれば、できるようになったこともあり、

まさに「今」をフォーカスした生活になってきました。




本日は、【こころの在り方】について。


思い浮かべてみてください。

犬に追われている猫がいるとき、

思考の中ではウイルスに追われている私がいます。


違いは何でしょう。

違いは、私のそれはただの考えであり、思考にしか過ぎない、ということです。



不安要素とは、まだ見ぬ世界のことで、自身のこころの中にあるもので

想像でしかないのです。



今の現実に対して持つ感情=「心の在り方」が

自分自身が体験する未来を引寄せてしまいます。



そんな時は、

ゆっくりと深呼吸して「大丈夫、何とかなる」

 今ここでできることを行動していると、本当に何とかなっていくものです。

「心の在り方」を意識していると

起こることすべてに、振り回されることがなくなっていきます。

自分で自分の人生をコントロールし、創造していくことができるようになっていきます。


不安な気持ちが押し寄せたら、まずは、「今」に向き合うこと。

重要なのは、「心の在り方」です。

まだ見ぬ未来より、とりあえず「今」できることを。

未来は後からついてきます。

まだまだ長い自粛生活、「今」を見つめて生活していきましょう。

【新型コロナウイルスによる緊急事態宣言への対応、営業自粛のお知らせ】

お客様へ重要なお知らせ

日頃より「THE禅 Feeling Me」をご愛顧いただきありがとうございます。

連日さまざまな情報が発信される中、皆さま心身共に緊張や心配が続いていることと思います。

昨今のウイルス対策として、「THE禅 Feeling Me」では、マスクの着用、換気、お客様の人数制限など、最善を尽くしてお客様をお迎えして参りました。

この度、政府より緊急事態宣言が発令された事に伴いまして、

「THE禅 Feeling Me」では、4/8(水)~5/6(水)まで休業とさせていただくことになりました。

お客様のお持ちのクーポン期間は、有効期限の1ヶ月延長とさせていただきます。

新型コロナウイルスの拡大の状況、政府、自治体からの要請等により休業時期につきましては変更する可能性がございます。その場合にはホームページ、LINE@等にて随時お知らせいたします。

何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

皆さまとまた、笑顔でお会いできる日を楽しみにしています。

皆さま、心身共にご自愛くださいませ。