日常生活でマインドフルな時間を増やす

瞑想の効果を感じるために

大切なことの一つは、

「継続する」ことです。



「継続」

難しいですよね💦



続けるからこそ体感できる効果は

沢山あります。


続けないのは、やっぱりもったいない…



瞑想が見せてくれる世界は

・リラックス効果

・集中力アップ

さらにその先にある

慈悲にあふれた世界があります。



では、

どうしたらマインドフルネス瞑想を

続けられるか。



わたしの経験上からご紹介いたします。

マインドフルネス瞑想は

「今ここ」

自分の内外におこっていることに

気づいていること。



食べているときは、食べているということに、

話しているときは、話しているということに、

歩いているときは、歩いているということに、

しっかりと気づいている、ということです。



瞑想は、その「気づく力」を養うお稽古。




日常生活の中で

そういった気づきを意識的に増やしていけば、

マインドフルネス瞑想を実践している、

ということになります。




🌿歯磨きをする時は、

 歯を磨くことに集中する。


🌿駅までの道を、自分の足で

 歩いていることを意識しながら歩く。


🌿自転車を漕ぎながら、

 漕いでいる足や顔に当たる風を意識する。


🌿お茶を飲むときは、五感を使って飲む。

このように日常生活の行動の中で、



「今ここでやっている自分」を意識する

これもマインドフルネス瞑想の実践です✨



瞑想の時間が取れない日は、

せめて日常生活に気づきを入れてみる。



それだけでもマインドフルネス瞑想の効果はあります☺️マインドm

『嫌な自分』に出会ったら…

いい自分、嫌な自分

いろんな“今の自分“がいます。



私たちは今までの生い立ちや

家庭環境、経験などで

“今の自分“になっています。



過去は変えようがありませんので

“今の自分“が

まぎれもない現実です。



【瞑想をしていて変わったこと】



どんな自分と出逢っても

好奇心をもって接しようと思います。



嫌な自分に出会ってしまうと

ああだこうだ評価を下すこと

してしまいがち💦

無駄に落ち込んでしまったり💦



嫌な自分に出会ったら……


 “今の自分は現実としてこういう人間

 「これからどうなりたい」は一旦置いておき

 “今の自分

強烈な好奇心をもって観察する


ことにしています😌



自分を「初めて見る、面白い生き物」みたいに観察するイメージ!



…あ、怒りが出てきた。

何に対して

どうして怒ってるんだろう?

ああ、自分はこういうことを言われると怒りのスイッチが入るんだ!

 で、私の怒りのスイッチってどこにあるんだろう?

 なんでこんなに怒れるんだろう?…



こんな感じです。



「嫌な自分」には

「もっと知りたい」気持ちで接します

(イメージでOK)



…あ!怒りが来た!

この前も怒りが出たけど、今回も同じスイッチが入ったかな?

今日は体調が悪いからスイッチ入りやすかったかも?

それとも、もしかして違うスイッチ?…



その都度

「ここから、どんな発見があるのかな?」

「向き合う」というより

自分をより知っていく・探求していきます



自分の中の「嫌な私」から

発見される自分の本質。



感情も上手に味方に付けます。

感情は味方にすると

とても自分のことが分かりやすくなります。

まさに

自分を知るためのバロメータ✨



「嫌な自分」が出てきたら

自分を知る絶好のチャンスです!

瞑想が見せてくれる リラックス・リフレッシュの先にあるもの

瞑想というと

心を落ち着けるのが目的

落ち着かないとダメ、という

印象をお持ちの方も多いと思います。



マインドフルネス瞑想の効果には

リラックスできる

脳が休まる   など



すぐその場で効果を感じられるものと

じわじわと後から効果を感じられるもの

二種類があると感じています。



じわじわと効いてくる効果の一つに

「自己受容」というものがあります。



これは実際に瞑想を続けてみて

私が瞑想に1番感謝している効果です☺️



 瞑想が習慣化する前の私は

失敗に落ち込んだり

自分にダメ出し

厳しかったり

無駄に周囲と比べて焦ったり……



瞑想を続けてきてから

ふと気づけば

許すことが増えたというか

気持ちがおおらかになったなあと感じています。




そして

「どんな自分でもいいんだ」✨

言葉だけではなくて

本当に腑に落ちるようになりました。


「自己受容」です。



どうして「自己受容」が進むのでしょう?



私たちの頭の中には、「今ここ」でない、

空想の世界が(殆どいつも)展開しています。



明日のこと

過去のこと

起こるかわからない、仮想の出来事



私たちは無意識に想像の世界を作っては、

その世界の登場人物として、



心配したり

悔やんだり

恨んだり

怒ったり

しています。



架空の世界の

架空の出来事に反応している

 ということですね💦



マインドフルネス瞑想をすると、

そんな自分が作り出している世界が

ありありと見えてきます。



そして、そんな世界にはまり込んでいる自分に

気づきやすくなり

呼吸や身体の感覚を頼りに、

「今ここ」に戻ってきます。



「今ここ」には、

不安・悲しみ・怒りはありません。



マインドフルネス瞑想の醍醐味は、

まさにこの部分✨

 何度でも「今ここ」に戻ることができます!

そして

絶対に自分をジャッジしません!



あくまでも淡々と、穏やかな気持ちで

意識を「今ここ」に戻すのみ。



この

ダメ出しをせず

穏やかな心で

根気よく、何度でも

自分を「今ここ」に戻してあげる



この繰り返しが、自然に「自己受容」に

つながると思っています😌

心を鎮めるための暗闇

THE禅FeelingMeは

間接照明に包まれた完全暗闇のスタジオ

画像は実際のスタジオの様子です。



暗闇は日常の喧騒から解き放たれて

じっくりと自分と向き合える空間。



人は視覚からも情報を捕まえます。

その視覚さえも解き放たれることで

より心を鎮めることができます。



瞑想と言うと、常に心が落ち着き

平安な状態でリラックスしているという

イメージがありますが、



自分の心の中に湧いてくることを

ダメ出しせず、そのまま観ること。



ああ、自分はこういう時、

こういう風に感じるんだ。

こんな考えが出てくるんだ。

それでOKなんです☺️



もし瞑想をされている方で、

「うまくできない」

「妄想ばっかりで私はダメ」

「心がざわつきすぎ」…等と


自分にダメ出しをしている方

安心してモヤモヤ、ザワザワと

付き合ってください。



見つめること

気付くことも瞑想の一つ。



ぜひ暗闇瞑想で

心と向き合う時間に

いらしてくださいね。

雑念について

ありがたいことに

最近瞑想を始められる

初めてご来店されるお客様が多いです。



瞑想を始められたきっかけや

瞑想にご興味を持たれた経緯など

皆さま理由は様々ではありますが



ご自身で自分自身に向き合う時間を

持たれていることは

すばらしい習慣の一歩と

お話をしながら感じています。



今の世の中と時代の流れから

少しでもこころの整理をされる方

本当に多いです。



そんな初めましてのお客様

多くの方が初回におっしゃることは

“雑念ばかりでした“




よく我々の思考を「雑念」と呼びますが、

それも思考を「邪魔だ」と思うから

“雑念“

と名付けているだけで、

本当は「思考」があるだけです。



思考には良きも悪きもなく、

思考はただそこにあり、

私たちの内側で何が起こっているのか

気づくきっかけになってくれます。



“雑念“

決して悪いことではありません。



空を流れる雲のように

自分の中で起こっている思考=雑念

を眺めることも

マインドフルネスと捉えています。



目の前のこと、過去のこと、目に見える全てのこと

身に起こったこと、

私たちは様々な情報を捕まえて

日々の生活を送っています。



それを“雑念“と捉えるか

ぼんやりと眺めるか

ただそれだけの違いのように思います。



雑念がない人なんていないですし

雑念があっていい。

そんな今の自分を受け入れてみてください。



 とめどなく生まれては消えていく思考も

「雑」と名付けずに

大切にできたらにいいなと思います☺️

休むことは自分のこころに寄り添うこと

蒸し暑い日が続きます。

今年は台風や豪雨が多い年と予測されています。

今年はとくに

何でもない日常の大切さを

しみじみと感じますね。



雨の日は

お家で「おやすみ」するための

絶好のチャンス。



皆さまは

休んでいますか?



私は…

休むのが下手で

すぐに予定を詰め込んでしまうクセがあります💦



瞑想をするようになってからは

予定を詰め込んだ

あくせくした状態に

気付きやすくなり



わざと何も予定を入れない日を

作るようにしています。



少しずつ、コントロールできるように

なってきた証拠✨



身体は何とかなっても

こころや思考は付いていかず



休まないことで

結果パフォーマンスは下がってしまいます。



休まない=頑張っている、エライ

ではなく、


休む=自分で自分をコントロールできている

   自分の心の声に寄り添えている


そんな認識へと

変化していきました☺️

(気を付けないと、このクセはすぐ出てきてしまいます💦)



ーーーーーーーーー



この時期(正確にいうと6月中旬)

実家にびわの実がなります。

深い緑の葉の中にオレンジの実をいくつかつけてくれます。



このびわの実、

2-3年に1回は「おやすみ」するんです。


豊作が続くと、

とても少ない実の年

実がついても小さいものばかりの年を

必ず挟んでくるんです。



もしかしたら受粉状態にもよるのかも知れないけれど、

私にはびわの木が

自分で自分の体力を調整しているとしか

思えなくて。



なぜなら、おやすみした翌年は

必ず豊作なのです。



自然ってすごいです✨

誰に指南されるわけでもなく、

自分が自分らしくいられるように

しっかりと休んでいるんです。



私たち人間だって

身体と心の声をしっかり聴いて

外野の声に臆することなく休むべきですね。


疲れたら休む

頑張ったら休む

雨が降ったら

お家でゆっくり休んで

パワーを貯める



自分を大切にして、

自分の身体と心をしっかりメンテナンスしてこそ

周りの人にやさしくできるのですから。



自分にも言い聞かせながら

本日のブログを書いています😌


自分にも

他人にも

優しく穏やかにいたいものです☺️

「今ここ」に戻ること

おはようございます。

紫陽花が咲き始めました。


湿度のあるグレーがかった日には

紫陽花の色彩がより鮮やかに、くっきりと見え

その色彩に癒されます💠


そんな天候にも

体調やこころは左右され

調子がいいと感じる日もあれば

急に物ごとが滞ることも。



一度調子が悪いなあ、と感じると

そういうことに翻弄される時間が

できてしまいます。



まさに昨日私はそんな状態💦

本日は朝から瞑想をして

思考の整理を行いました✨



頭の中に作り出した

未来への不安


変えることが出来ない

過去への後悔


これを伝えたら

あの人はどう思うだろう?

勝手な思い込み


その思い込みが構築した

理想の自分と現実とのギャップ

怒ったり、凹んでみたり….



そういう時は瞑想をして

「今」のこころの状態を

見つめるようにしています。


瞑想することで「今ここ」に戻ってみるのです。


「今ここ」に戻るのは

ネガティブな感情から逃げるため、

嫌な感情を感じないで済ませるため

ではありません。



その逆、



「今ここ」に戻って

ネガティブ感情を観て、受け入れて、

それを理解して消化するのが

瞑想のアプローチです。




「今ここ」で起きていること、

つまり、



自分の中と外で起きていること、

どちらもありのまま眺め、

受け入れていきます。




そして、




その観察と受け入れを通して、

ネガティブ感情への理解が

生まれていくのです。




「今ここ」に戻ると

不思議なほどに理性が働くようになり

物事がクリアに見えてきます。




瞑想することで

気持ちにワンクッション余裕ができ

遠いところから眺めているような

そんな気持ちになります。



人間ですから

いろんな状態がある。

自分は自分の味方でいてあげてくださいね。

瞑想ルームのご案内

2020年もあっという間に半年が過ぎました。

梅雨入りとともに

鮮やかな紫陽花が咲き

これからくる夏の訪れを感じます。



この半年間に

「今」を見つめつつ、「今」ばかりに囚われず

先のことも視野に入れながら生活をする



そんなことをこの半年間で

見つめることができたような気がします。



2020年下半期も

まだまだ油断できませんが

コロナウイルスを超えていけるよう

上手に生活していきたいですね。


ーーーーーーーーーーーーー



サロンが移転し

1週間が経ちました。



サロンへは

パーソナルジムのお客様や

ヨガのお客様

様々な方がお見えになります。



ジムやヨガにお越しくださる客様も

瞑想にご興味を持っていただける方が多く

ますます瞑想の必要性を感じています。



画像は実際の瞑想ルーム。

窓は光の遮断カーテンがついてますため

暗闇での瞑想になります。



視覚も完全にシャットダウンした

完全暗闇の環境は

瞑想にとても集中できます。

皆様、ぜひお越しくださいね。

「今ここ」に聞こえる音がくれる豊かさ

緊急事態宣言が解除されましたね。

初めは不安でいっぱいの自粛生活も

徐々に“気付き“ や“変化“を

得ることができた方も

多かったのではないでしょうか😌



今度は

元の生活に戻ることへの

戸惑いや不安の声を聞くようになりました。



このような

“恐れ“や“戸惑い“について。



恐れ戸惑い

「今ここ」の出来事ではないのです。



そんな 

ちょっと心がざわめいているな、

頭の中で生きているな、と感じ時には


聴覚を意識してみてください。


目を閉じて、

呼吸を感じながら

耳を澄ませます。



聴覚に意識をしっかり持っていくと、

ビックリするほど色々な音が

身の回りにあることに気づきます。



時計の秒針の音。

それも近くから聞こえるもの、

すこし離れたところから聞こえるもの。


自動車のエンジンが

近づいて遠くなる音。



かすかな風の音と、鳥の声。

道ゆく誰かの話し声。

遠くでやっている工事の音。



呼吸をしている私を

音が包み込んでいる感じがしてきます。

「今ここ」に包まれている感じです。




音には良いも悪いも無く、

ただ音は生まれ、いずれは

消えていきます。



変わらないものなど

何一つないのです。




「今ここ」の音に包まれている私も、

これら音と同じように常に変化しています。

泣いたり笑ったり、

悲しい日や嬉しい日を過ごしながら

いつの日か消えていく。




こんな風に「聴く瞑想」をすると

心がだんだんと丸くなり、

静かになっていきます。



見えなくなってしまった風景と

生き生きした感性が、

ほんの5分ほど耳を澄ませるだけで戻ってきます🌿✨

「聴く瞑想」、試していただければ嬉しいです☺️

食べ物からもマインドフルネス

すっかり新緑が美しい季節になりました。

先日、ご近所の方から

旬のお野菜、白アスパラをいただきました。

しかも時間をかけて丁寧に調理してくださり

ほのかな甘みと歯応えがあり

とっても美味しかったです☺️

(ご近所さん付き合いがあるのも大変ありがたいことです☺️)


あまりに美味しく

すっかり白アスパラに集中できた時間となりました笑

これも意識の集中の一つです💡



マインドフルネスのエクササイズのひとつに

Mindfulness Eastingというものがあります。


これは、食べ物・飲み物を

五感をフルに使って味わうエクササイズ。

五感を使って「今ここ」にいることを

気付かせてくれます。


「今ここ」で食する、ということがどれほど豊かで

また、普段私たちがいかに

「心ここにあらず」で食事を済ませているかを

気づかせてくれる、とてもパワフルなエクササイズです。


 白アスパラを食べながら

まさにMindfulness Eastingを十分に味わいました!☺️


またこのMindfulness Eastingには

もう一つ目的があります。


この食べ物(飲み物)が

口に入るまでに

携わってくれた人、必要だった技術、

自然の恵みといった

あらゆるつながりを想い、

それに感謝して、

自分もその大きなつながりの

一部であることを意識する

という

慈悲の心(自分と他者をいつくしむ心)

を育むエクササイズでもあるのです。



白アスパラを改良してきた技術者さんたち

その技術者さんを支えたご家族

太陽の光や水

肥料にそれを開発した技術者さんたち

ビニールハウスを作った人

その資材を供給した人

農家の方々

運送に携わった方々

トラックが走れる道路を作ってくれた人たち

道路建築機材を開発した方々

白アスパラのパックを作った方々

スーパーの棚に並べてくれた人

レジの担当の方

調理をしてくれてご近所さん

そして家まで届けてくれたご近所さん





少し考えただけで

こんなにたくさんの人の努力と時間が

費やされているんですよね。


白アスパラ以外にも

全ての食べ物、飲み物に言えることです。


私たちは大きなつながりの中で

生きています。


 今日なにか食べる時、ほんの少しだけ

そんな「大きなつながり」に

目を向けてみてはいかがでしょう☺️

きっと豊かな気持ちをもたらし、感謝の気持ちが芽生えます🌿✨