「今ここ」に戻ること

おはようございます。

紫陽花が咲き始めました。


湿度のあるグレーがかった日には

紫陽花の色彩がより鮮やかに、くっきりと見え

その色彩に癒されます💠


そんな天候にも

体調やこころは左右され

調子がいいと感じる日もあれば

急に物ごとが滞ることも。



一度調子が悪いなあ、と感じると

そういうことに翻弄される時間が

できてしまいます。



まさに昨日私はそんな状態💦

本日は朝から瞑想をして

思考の整理を行いました✨



頭の中に作り出した

未来への不安


変えることが出来ない

過去への後悔


これを伝えたら

あの人はどう思うだろう?

勝手な思い込み


その思い込みが構築した

理想の自分と現実とのギャップ

怒ったり、凹んでみたり….



そういう時は瞑想をして

「今」のこころの状態を

見つめるようにしています。


瞑想することで「今ここ」に戻ってみるのです。


「今ここ」に戻るのは

ネガティブな感情から逃げるため、

嫌な感情を感じないで済ませるため

ではありません。



その逆、



「今ここ」に戻って

ネガティブ感情を観て、受け入れて、

それを理解して消化するのが

瞑想のアプローチです。




「今ここ」で起きていること、

つまり、



自分の中と外で起きていること、

どちらもありのまま眺め、

受け入れていきます。




そして、




その観察と受け入れを通して、

ネガティブ感情への理解が

生まれていくのです。




「今ここ」に戻ると

不思議なほどに理性が働くようになり

物事がクリアに見えてきます。




瞑想することで

気持ちにワンクッション余裕ができ

遠いところから眺めているような

そんな気持ちになります。



人間ですから

いろんな状態がある。

自分は自分の味方でいてあげてくださいね。

「今ここ」に聞こえる音がくれる豊かさ

緊急事態宣言が解除されましたね。

初めは不安でいっぱいの自粛生活も

徐々に“気付き“ や“変化“を

得ることができた方も

多かったのではないでしょうか😌



今度は

元の生活に戻ることへの

戸惑いや不安の声を聞くようになりました。



このような

“恐れ“や“戸惑い“について。



恐れ戸惑い

「今ここ」の出来事ではないのです。



そんな 

ちょっと心がざわめいているな、

頭の中で生きているな、と感じ時には


聴覚を意識してみてください。


目を閉じて、

呼吸を感じながら

耳を澄ませます。



聴覚に意識をしっかり持っていくと、

ビックリするほど色々な音が

身の回りにあることに気づきます。



時計の秒針の音。

それも近くから聞こえるもの、

すこし離れたところから聞こえるもの。


自動車のエンジンが

近づいて遠くなる音。



かすかな風の音と、鳥の声。

道ゆく誰かの話し声。

遠くでやっている工事の音。



呼吸をしている私を

音が包み込んでいる感じがしてきます。

「今ここ」に包まれている感じです。




音には良いも悪いも無く、

ただ音は生まれ、いずれは

消えていきます。



変わらないものなど

何一つないのです。




「今ここ」の音に包まれている私も、

これら音と同じように常に変化しています。

泣いたり笑ったり、

悲しい日や嬉しい日を過ごしながら

いつの日か消えていく。




こんな風に「聴く瞑想」をすると

心がだんだんと丸くなり、

静かになっていきます。



見えなくなってしまった風景と

生き生きした感性が、

ほんの5分ほど耳を澄ませるだけで戻ってきます🌿✨

「聴く瞑想」、試していただければ嬉しいです☺️

THE禅FeelingMeこだわりのお茶①

THE禅FeelingMeでは、瞑想後にお茶をお出ししております。

お客様からは大変ご好評を頂いてます、自慢のお茶です☺️


本日はTHE禅FeelingMeのこだわりのお茶について。

こだわりが多い分、ご紹介が長くなりますため笑

2回に分けてご紹介します。



本日はお茶を淹れるお湯からご説明させていただきますね。

お湯は南部鉄器で沸かした白湯を使用しています。

なぜ南部鉄器??

南部鉄器の白湯はお茶の風味をより一層引き立たせてくれるためです。


瞑想後のタイミングをみて作り置きの白湯ではなく、

出来立ての白湯を作っております。


岩手県の南部鉄器をやかんを使用することで、

鉄器からの鉄分を含み、味もまろやかでとても美味しいのです。



|白湯の作り方|

やかんにお水をいれて、蓋をして火にかける。

沸騰したら蓋をずらし、換気扇をかけて沸かし続ける。

10~15分したら、火を止る。

50度くらいまで冷ます。



|白湯の効果|

・血行促進

体の内から温めることで血の巡りがよくなり、女性に多い冷え性や頭痛・肩こりの改善が期待されます。また、血行との関連が強い自律神経のバランスも整えてくれるので、疲労回復や倦怠感の解消にも効果があると言われています。

・デトックス効果

血流やリンパの流れが促進されることで、体内にたまっている毒素や余分な水分が排出され(デトックス)、むくみの改善や肌荒れ防止・美肌効果が期待できます。



|南部鉄器での効果|

南部鉄器で沸かしたお湯は、「まろやか・優しい・甘い」

これは、水の中に含まれるミネラル(カルシウムやマグネシウム)が鉄瓶内部に付着することで軟水化し、硬さがなく飲みやすくなるためです。

口当たりまろやかで、体にやさしく染みわたります。



|白湯を美味しくいただくポイント|

・白湯 温度について、最適温度は50℃程度

人間の体温より少し高めの50度程度が白湯のベスト温度。

少し冷めてからいただくようにするのが、体にも優しくベストです。




白湯だけでも十分贅沢な飲み物ですね。

明日はお悩み別のお茶について書かせていただきます🌿

香りが瞑想を助けてくれます

THE禅FeelingMeでは瞑想中

ヒノキの香りのアロマオイルを使用しています。



「香り」は瞑想の力強いサポート。

香りによって瞑想や祈りの環境を作ることから、宗教の場でも必ず香を焚きしめます。



「香り」が嗅覚を刺激し、

副交感神経が優位になり瞑想に入りやすくしてくれるためです。



私もいくつかの香りをその日その時の気分で選ぶようにしています。

気付けばアロマオイルが集まってきました。

朝起きた時、仕事中、瞑想の時、寝る時….

仕事中は机の上に一緒に置きながら過ごしています。



香りは面白いもので、

いまの心身の健康状態や置かれた環境によって、選ぶものが変わってきます。



最近は、

サンダルウッドとカモミールを調合したもの ▶︎思考と精神の安定、集中

ユーカリ、タイムの調合 ▶︎免疫力



まさに、今の気持ちや状態がそのまま現れていて

面白いなあと感じています。




香りは脳へダイレクトに届きます。

香りを使うことで意識を集中させてサポートになり、

リラックスしてして余分な力も抜けます。

香りとご自身の呼吸に意識を集中する。

それにより、思考を休めることができます。



香りを選ぶ、という行為も直感力が備わります。

ぜひ、ピンとくる感覚を大切にして

お気に入りの香りを選んでみてはいかがでしょう。



Feeling Meチャンネル

▶︎▷ https://linktr.ee/feelingme

instagram

▶︎▷ https://instagram.com/thezen_feeling.me?igshid=11d7l8mo3j12n