瞑想がうまくできない時は……

瞑想がうまくできません。

瞑想になかなか集中できなくて。



と言うお声をいただきます。

それは少しも悪いことではありません。



そんな時にお勧めしているのが

「今この瞬間の“呼吸“に注意を向けてみること」



もし目を閉じられる状況であれば

軽く目を閉じます。

自分の体を出入りする

呼吸の流れをみていきます。



分かりづらければ

手のひらを腹部や胸に添えてみるのも良いです。

身体を触ると

不思議と気持ちが安心してきます。



🌿①今、何を感じていますか?🌿 

 →自然に起きていることをただ観察し

  感じるようしてみます。   

  呼吸の状態、体に起きていること、

  内面の感覚   

  心の表面に流れている思考、記憶、

  連想等があれば観ていきます。   



🌿②その瞬間をそのままにしておくことができますか?🌿

 →今起きている体験に、理由や説明をつけることなく   

  一瞬一瞬の思考の移り変わりと共に

  いるようにします。



1番リラックスした姿勢で

そっとご自身の呼吸と思考を

見つめてあげてください。


ほんの数分だけ軽く目を閉じて

①と②だけおこなってみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です