入眠前のボディスキャン瞑想

久しぶりにボディスキャン瞑想を行ました。

私は寝る前に、仰向けで目を閉じて行っています。

そのまま入眠できるのでオススメです。



ボディスキャン瞑想は定期的に行うようにしています。

なぜなら、自身の体の声を聞いていきたいから。

※THE禅FeelingMeでもプログラムのご用意があります。



ボディスキャン瞑想とは、

体のいろんな部位に意識を集中してさせて動かしていく瞑想法。

自分の体の感覚を観察していきます。




普段、書き仕事が多いこともあり

ボディスキャン瞑想で右腕の重さの感覚に驚きます。

また、思考のクセがあるようで、

第6チャクラのある額あたりでは “ウッ“とした感情が湧き起こります。



瞑想を終えた後は体がじんわり暖かくなり、体が喜んでいるかのような。。

睡眠が深くなり、ぐっすりと眠ることができます。




ボディスキャン瞑想のやり方について。


【ボディスキャン瞑想方法】

大まかな流れは、左足→右足→胴体→両腕→頭→身体全体



さらに細分化します。


●左足

足の指先→足の甲→足の裏→かかと→くるぶし→すね→ふくらはぎ→ひざ表→ひざ裏→太もも表→太もも裏→足の付け根(骨盤)

●右足

左足と同様

●胴体

性器→お尻→骨盤全体→おなか→腰→胸→背中→肩→鎖骨

●両手

指先→手のひら→手の甲→手全体→手首→前腕→ひじ→上腕(二の腕)→腕の付け根 

●頭

のど→うなじ(首の裏)→首全体→顔全体→後頭部→あたまのてっぺん

 ●顔

あご→口→鼻→目→おでこ→顔全体




これだけで49部分。

それぞれの部分に約1分程度意識を集中させ、

 呼吸をゆっくり10回ほどしてみてください。


ガイダンスのない中でのボディスキャン瞑想は

手や指など、末端の神経が集中している部位から始めると、

意識を持っていきやすいです。



ボディスキャン瞑想のやり方まとめ

ゆっくりと息を吐きながら、意識を自分の体のさまざまな場所に移していく。

まずは左の足の小指から、次に薬指、中指……と順に意識を移動させ、

最終的には全身に意識をめぐらせる。




内臓や筋肉にも意識を集中させたりしても良さそうですね。

もっというと、皮質や前頭葉、偏桃体などへも意識を集中させてみても、面白いかもしれません。



ご自身のお身体の声を聞く機会を。

ボディスキャン瞑想ぜひお試しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です