瞑想しやすい身体づくり

Pregnant woman practicing yoga, sitting in lotus position on a beach at sunset

こんばんは🌙  THE禅 Feeling Meスタジオでございます。

ご自宅での瞑想が苦手、集中できない、というお声を耳にします。

ふと、私はどのように瞑想しているかな、と振り返ってみました。

少しでも皆さまのご参考になればと思います。


私が瞑想をする時は、朝が多いです。

朝の風景には、陽の光であったり、風の音、鳥の声、

五感で感じることが多いため好きなのかもしれません。

朝食前に、白湯を飲みながら、ヨガマットを引き、

軽くヨガやストレッチをしてから瞑想に入ります。

瞑想の前にヨガを行うことで瞑想しやすい身体になります。


ヨガマット、大事です。(私の場合)

瞑想だけでしたら、大きめのラグやクッションでもいいかもしれませんが、

身体を動かす時はヨガマットがあることで安定感がでます。

そして、1枚あるだけで、気持ち(世界)が変わります。


ストレッチやヨガは長くやるよりも、

その日の体調や気分に合わせています。

10分だけの時もあります。

結果、その方が長く続けられ、ほどよく瞑想に入れます。



瞑想の前に身体を動かすことのメリット

  • 座りにくい身体を整えることで瞑想しやすく座りやすくする
  • 雑念を払って瞑想しやすくする
  • 身体のエネルギーを動かす
  • 呼吸を深くすることでリラックスする
  • 呼吸を深くすることで自律神経を整える
  • ヨガなどで身体を動かして、身体のスイッチを一度ONにする


瞑想の前に身体を動かすことを大切にされてみてください。

瞑想の為だけでなく、日常的にも身体を動かす習慣はメリットが多いです。


「からだとこころはつながっている」

聞き飽きる程に聞く機会がありますね。

やはりそれだけ大事なことなのです。

こころに向かう前に、からだに少し目を向けてみましょう。


身体が病気になると、心も曇ります。

身体の調子が良いと、心も晴れやかになります。

体の調子を調えることで、心を深めやすくしているのです。

これを仏教では「調身(ちょうしん)」と言います。


ヨガも瞑想も目的は心身を健康に保つこと。

FeelingMeチャンネルでは、ヨガと瞑想をご紹介しています。

ぜひご覧になってみてくださいね。



Feeling Meチャンネル▼▼▼https://linktr.ee/feelingme instagram▼▼▼https://instagram.com/thezen_feeling.me?igshid=11d7l8mo3j12n

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です