こころの在り方が未来を創る

コロナウイルス感染者の数が日に日に増え、

自粛生活による制限も重なり、

世の中の不安のレベルが上がってきていることを感じています。

そんな中でも、オンライン飲み会が生まれたり、

ZOOMで仕事や習い事ができるようになりました。

制限されていることもあれば、できるようになったこともあり、

まさに「今」をフォーカスした生活になってきました。




本日は、【こころの在り方】について。


思い浮かべてみてください。

犬に追われている猫がいるとき、

思考の中ではウイルスに追われている私がいます。


違いは何でしょう。

違いは、私のそれはただの考えであり、思考にしか過ぎない、ということです。



不安要素とは、まだ見ぬ世界のことで、自身のこころの中にあるもので

想像でしかないのです。



今の現実に対して持つ感情=「心の在り方」が

自分自身が体験する未来を引寄せてしまいます。



そんな時は、

ゆっくりと深呼吸して「大丈夫、何とかなる」

 今ここでできることを行動していると、本当に何とかなっていくものです。

「心の在り方」を意識していると

起こることすべてに、振り回されることがなくなっていきます。

自分で自分の人生をコントロールし、創造していくことができるようになっていきます。


不安な気持ちが押し寄せたら、まずは、「今」に向き合うこと。

重要なのは、「心の在り方」です。

まだ見ぬ未来より、とりあえず「今」できることを。

未来は後からついてきます。

まだまだ長い自粛生活、「今」を見つめて生活していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です